研究報告書 広汎性発達障害のある児(者)と家族にとってやさしい医療情報の提示に関する研究

古澤, 亜矢子

2015-06
内容記述
日本赤十字豊田看護大学
発達障害児とその家族が利用しやすい医療機関の整備を目指していくために、地域のクリニック、総合病院にて、医療関連従事者、発達障害児とその家族を対象として質的記述研究を実施したところ、環境面について、医療者は発達障害児の有無に関係なく、対象者にとって必要とされる環境であることが重要であり、ユニバーサルデザインを重視していた。発達障害児とその家族との連携や医療者間の連携を行うことが、安全・安心につながる医療となることが明らかになった。発達障害児は、“自分の健康面について説明することが難しい”こと、発達障害児の親は、“子どもが自分自身で健康管理できるように成長させたい”思いが結果に示された。 
This study examined local clinics responsible for primary care and general hospitals with an emergency outpatient unit. Specifically, the study aimed to reveal the following three aspects: the current status of environmental aspects in medical institutions (physical barriers); the current status of the provision of medical information (information and psychological barriers); and the creation of a framework for establishing medical institutions that contribute to maintenance and enhancement of health in children with developmental disorders and their family members. After discussion with specialists, a framework for establishing medical institutions that contribute to maintenance and enhancement of health in children with developmental disorders and their family members was created, and tasks to be addressed were identified.
本文を読む

https://rctoyota.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=182&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報