学術雑誌論文 インド、マザー・テレサ施設でのボランティア活動で感じた看護の原点
The basis of nursing, felt in volunteer activities at Mother Teresa facilities in India

神谷, 潤子

内容記述
 インドのコルカタには、マザー・テレサが貧しい中の最も貧しい人々のために設立した多くの施設がある。それらの施設の活動は、マザー・テレサの死後も「神の愛の宣教者会」の修道女・修道士、世界各国から集まったボランティアによって維持され、今もなおスラムの人々の受け皿となっている。著者は2002 年と2011 年に、マザー・テレサの活動の原点であり、スラムの路上で瀕死の状態にある貧しい人々を温かく看取るための施設「死を待つ人の家」と、障害児を養育する「ダヤ・ダン」のそれぞれでボランティア活動を行った。本稿ではマザー・テレサの施設とコルカタの現状、そこで行われているボランティア活動を紹介する。そして、マザー・テレサの施設で行われていた「その人に関心を向ける温もりのあるケア」に患者の生命力を支える看護の原点を感じたこと、などの学びを報告する。
本文を読む

https://rctoyota.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=179&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報