Departmental Bulletin Paper Darbouxの定理と関数のRiemann積分可能性について

佐藤, 得志

Description
 Riemann積分の定義の方法には2つの流儀があり,それは,Riemann和から定義するものと,Darbouxの上積分,下積分から定義するものである.この2つの定義の同値性を証明するための鍵となるのがDarbouxの定理であるが,その証明はRiemann積分の理論の中では最も難しいものである.本稿においては,初学者の理解の手助けとなるように,Darbouxの定理の厳密かつ丁寧な証明を与える.また,積分可能な関数とLipschitz連続な関数の合成関数の積分可能性を証明し,これを用いて積分可能な関数の絶対値や積の積分可能性を導く.
Full-Text

https://mue.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=671&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information