紀要論文 ことばの教育としての国語教育を目指して

津田, 智史

内容記述
 本稿は、ことばの教育としての国語教育を目指し、そのために何が必要であるかを明らかにするものである。ことばの教育のためには、なにより日本語学(理論面)と国語科教育(実践面)の協働が必要である。知識の精選が日本語学分野には求められ、国語科教育分野には、知識の理解と授業の工夫が求められる。殊に、文法教育においては、暗記に偏向しない授業の工夫検討が必要である。その点で、両分野共に、協働と意識改革の姿勢が必要となることを示す。
本文を読む

https://mue.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=664&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報