紀要論文 「ヒロシマのうた」研究(1)

遠藤, 仁  ,  大谷, 航

内容記述
 本稿は、今西祐行著「ヒロシマのうた」の文体的側面に焦点をあて、その名文といわれる所以を明らかにするとともに、今後の授業実践に向けて授業者としてあらかじめ踏まえておくべき知見を語学的観点から整理しようとするものである。
本文を読む

https://mue.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=663&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報