紀要論文 仙台藩の武士身分に関する基礎的研究

堀田, 幸義

内容記述
 日本近世史分野では、身分制研究の進展を背景に、大名家の家臣団のなかでどの階層からが世襲の武士身分であったのかという点が議論されており、一方、武士身分とは誰が認定するのかといういう点についても研究されている。 本稿は、以上のような認識のもと、「武士身分の者」の多さが特徴とされる仙台藩の武士身分について整理するものである。果たして、仙台藩の領内では誰が武士として認められたのか、いわゆる武士身分であると認められる存在について、直臣、陪臣、金上侍、浪人まで含めて考察を加え、同藩における武士身分の重層的なあり方を論じたものである。 なお、その過程で従来の研究の誤りや等閑に付されてきた点についても言及している。
本文を読む

https://mue.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=536&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報