紀要論文 船戸咲子による学習集団の組織:「独自学習」の充実

吉村, 敏之

内容記述
 群馬県島小学校の「授業の創造」を先導した、船戸咲子の卓越性は、すべての子どもが学べるよう、学級を学習集団として組織した点にある。一人ひとりが自分の考えを持った上で相互に交流する「独自学習」が、集団の質を高めた。子ども個々の思考の筋道をとらえる目の細やかさ、問題の取り上げ方のうまさが、学習を支えた。
本文を読む

https://mue.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=531&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報