紀要論文 聖隷クリストファー大学看護基礎教育における高機能患者シミュレーターを用いたシミュレーション教育の経緯と展望
Report on Simulation Training Using a High Fidelity Human Patient Simulator at Seirei Christopher University

炭谷, 正太郎  ,  久保田, 君枝  ,  樫原, 理恵  ,  小池, 武嗣  ,  黒野, 智子  ,  室加, 千佳  ,  松元, 由香  ,  三輪, 与志子  ,  大村, 光代

内容記述
 本報告では、聖隷クリストファー大学看護基礎教育におけるシミュレーション教育チームの発足や試行に至る経緯および今後の課題や展望を概観することを目的とする。 本学は米国サミュエルメリット大学と2013 年に大学間交流協定を締結して以来、学生や教員が毎年、研修に赴きシミュレーション教育について学んできた。 2016 年に看護学部の教員有志によるワーキンググループを発足し、高機能患者シミュレーターを導入した。試行によって、シミュレーション教育は、看護実践能力を向上し、学生自身が主体的に学びを深めていくアクティブラーニングが遂行できる手法であることが分かった。 今後、シミュレーション教育を遂行する上で、以下の課題と展望がある。1.学生の看護実践能力のさらなる向上、2.教員のファシリテーション力の向上、3.教育環境の充実、4.地域の拠点としてのシミュレーション教育、5.活動のための運営資金の獲得、6.ワーキンググループであるシミュレーション教育チームの役割の明確化である。
本文を読む

https://seirei-univ.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1612&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報