Departmental Bulletin Paper 台湾の幼保一元化と高雄市の幼児教育・保育事情

新村, 元植

Description
2006年から日本では, 幼保一元化施設として認定子ども園制度が開始された. 隣国である台湾では2012年1月から幼托整合 (幼保一元化) が実施されている. 日本では認定子ども園への制度移行等, 幼保一元化の歩みは遅いが, 台湾では幼児の教育・保育の標準化を目指して政府主導で一気に実施された. また, 台湾における少子化問題では, その進行が日本より深刻である. このような状況を基に, 台湾高雄市の幼児教育・保育の概要と実際の幼児園及び托嬰中心 (乳児保育園) を訪問し現状を探った. その結果, 訪問した托嬰中心での保育内容は, 幼児の興味関心を基にした保育が実施されていた. また, 幼児園においても同様の教育が実施されていたが, 託児所から移行した幼児園と幼稚園から移行した幼児園では, 教育内容の標準化はまだ緒についたばかりであった. そして実際の幼児教育現場では, 教科教育を重視するなど, 日本と異なる点が見られた. そして, 幼托整合における保育者の資格や配置については, 養成施設改変の問題が残っており, 改革は進んでいない. 本稿ではこの状況を基に, 台湾の幼托整合における, 現在の問題点や今後の課題を考察した.
Full-Text

https://kwjc.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1263&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information