Journal Article 大学生におけるアレルギー性疾患の発症と医薬品およびサプリメントの関与についての調査
Allergic diseases and the use of anti-allergic drugs and supplements among university students

高石, 雅樹  ,  根本, 和真  ,  足立, 敦美  ,  田中, 航平  ,  浅野, 哲

21 ( 2 )  , pp.54 - 68 , 2016-08-10 , 国際医療福祉大学学会
ISSN:21863652
NCID:AA12537130
Description
近年,花粉症患者が若年者で増加している.そこで,大学生706 人を対象に,アレルギー性疾患の発症状況と環境要因,さらに医薬品,サプリメントおよび食品の効果について解析した.本研究での有症率は,アレルギー性鼻炎40.7%,アトピー性皮膚炎13.0%,喘息7.9% で,過半数がアレルギー性疾患を持っていた.喘息とアトピー性皮膚炎では,半数以上が他のアレルギー性疾患を併発していた.アレルギー性鼻炎と喘息の初発時期は,女性の方が中学生以後の発症が多かった.アレルギー性疾患の発症に遺伝的要因が大きく関与しており,兄弟・姉妹がアレルギー性疾患有症者である場合,アレルギー性疾患を複数発症するリスクが高かった.アレルギー性疾患有症者は自宅でのペット飼育割合が低く,特に猫の飼育割合が低く,一方でアレルゲンでは動物の中で猫が多かった.アレルギー性疾患は,医薬品,サプリメントおよび食品での寛解は難しく,遺伝的要因は変えられないため,環境要因による影響を避けることが必須であり,幼児期までのアレルギー性疾患の発症予防を推進することが重要である.
Full-Text

https://iuhw.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=750&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information