学術雑誌論文 糖尿病患者における足底触圧覚と2ステップ値の関係
Relationship of plantar tactile point pressure sensitivity and two-step value results among patients with diabetes mellitus

木村, 和樹  ,  二宮, 秀樹  ,  久保, 晃  ,  石坂, 正大  ,  遠藤, 佳章  ,  三浦, 寛貴  ,  鈴木, 悠

21 ( 2 )  , pp.48 - 53 , 2016-08-10 , 国際医療福祉大学学会
ISSN:21863652
NII書誌ID(NCID):AA12537130
内容記述
目的:糖尿病(以下,DM)患者の足底触圧覚と2 ステップ値との関係を明らかにすることを目的とした.方法:対象は男性58 例,女性26 例のDM 患者84 例(1 型は7 例,2 型は77 例)とした.Semmes-Weinstein-Monofilament(以下,SWM)を使用して足底触圧覚の評価を行い,Evaluator Size の2.83,3.61,4.31,4.56,5.07,6.65 を使用した.測定部位は足底の母趾,母趾球,小趾球,踵の左右計8 カ所とした.足底計8 カ所を正答できた最も小さいEvaluator Size を個人の代表値とし,Evaluator Size ごとに群分けを行った.2 ステップ値は最大2歩幅(cm)/ 身長(cm)で算出し,最大値を採用した.結果:SWM を使用した足底触圧覚の評価において2.83 群と3.61 群の該当者はなく,4.31 群は11 例,4.56 群は31 例,5.07 群は28 例,6.65 群は14 例であった.2 ステップ値は6.65 群が5.07 群・4.56 群・4.31 群よりも有意に低値で,5.07 群・4.56 群が4.31 群よりも有意に低値であった.結論:SWM を使用して評価した足底触圧覚の低下に伴い,歩行能力の複合的指標でもある2 ステップ値が低下していることが明らかとなった.
本文を読む

https://iuhw.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=749&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報