Journal Article 我が国の女子殺人受刑者に関する研究-家族機能・パーソナリティ・発達障害の傾向を他罪種と比較して-
A study of female inmates charged with murder in Japan-Comparison with other criminals from the perspective of family functions, personality, and developmental disorders-

平間, さゆり  ,  牛木, 潤子  ,  小畠, 秀吾  ,  秋葉, 繭三

21 ( 2 )  , pp.37 - 47 , 2016-08-10 , 国際医療福祉大学学会
ISSN:21863652
NCID:AA12537130
Description
近年,男子の殺人事犯は減少傾向にあるが,女子の殺人事犯には変化がない.殺人事犯には男女差があり,女子殺人の被害者には親族や配偶者が多く,情動が主な動機となっている.女子の殺人事犯の数は少ないためあまり研究されていないが,家族や近親者を対象にしていることから,本研究において,女子の殺人事犯を家族機能の側面から検討することとした.家族機能以外にも,犯罪に影響を与えるとされる発達障害(ADHD)と人格傾向(境界性パーソナリティ障害:BPD)に着目し,女子受刑者(殺人以外の他罪種を含む)を対象に家族機能・BPD・ADHD 傾向について調査した.その結果,女子殺人事犯において,ADHD 傾向を持ち,家族の情緒的絆や適応が不良であると,自己否定し見捨てられ感を抱き,他者が信じられず対人関係が困難になることが示された.よって,これらが女子の殺人事犯の背景要因の1 つになると考えられた.また,女子殺人事犯のみに,年齢の高低により家族・ADHD・BPD 傾向全てに差異がみられた.
Full-Text

https://iuhw.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=748&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information