Journal Article 国際的にみる青少年の自殺の状況と自殺予防の実態
International review on the situation with adolescent suicide and its prevention

クーロワ, ナズグリ

21 ( 1 )  , pp.93 - 100 , 2016-03-31 , 国際医療福祉大学学会
ISSN:21863652
NCID:AA12537130
Description
近年,自殺は15〜19 歳の青少年の主な死因の1 つとなっている.世界保健機関(WHO)によると,世界的に青少年の死因の中で第2 位に位置している.それにもかかわらず,多くの国では自殺予防対策が行われておらず,限定的な対策が行われているだけである.各国の統計局や日本の厚生労働省,警察庁,文部科学省の統計や報告,また,WHO やユニセフ,自殺予防機関の統計,報告,マスメディアの情報を分析し,青少年の自殺の状況を把握し,青少年の自殺予防の実態を明らかにした.各国の自殺予防対策は不十分で,主に市民やボランティアが対策を実施していることがわかった.自殺は青少年の主な死因の1 つとなっており,女子より男子の自殺が多く,主な自殺手段は縊死(首つり)である.自殺リスクは主に家族環境や学校環境にあり,親の教育や学校の教師の自殺予防の教育研修,学校などで面接相談のできる場所を設けることが自殺を減少させるための一歩であると考えられる.
Full-Text

https://iuhw.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=740&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information