Departmental Bulletin Paper 特例法人は、所定の手続を経て、その同一性を失わせるような根本的な事項の変更に当たるか否かにかかわらず、その定款の定めを変更することができるか (平成27年12月8日 最高裁判所第三小法廷(上告審)判決、平成25年(受)第2307号、寄附行為変更無効確認等請求事件)
Association reconnue d'utilité publique et révision des statuts

大隈, 義和

012pp.73 - 88 , 2017-07-10 , 京都女子大学法学部
ISSN:21867194
NCID:AA1256312X
Full-Text

http://repo.kyoto-wu.ac.jp/dspace/bitstream/11173/2502/1/0150_012_004.pdf

Number of accesses :  

Other information