紀要論文 スコットランドにおけるツーリズムの現状 : ウィスキー醸造所を中心に

竹安, 栄子  ,  井上, 守正  ,  吉田, 和利  ,  春日, 雅司

内容記述
3世紀以上にわたる歴史を持つスコットランドのツーリズムは、地域社会に蓄積された多様な資源を基盤とし、英国スコットランドの地域内経済に大いに貢献している。その資源のひとつにウィスキー醸造所がある。スコットランドのウィスキー醸造所は、1970年代後半から海外の良質な顧客開拓の目的でビジターセンターの開設など様々な試みを展開してきた。今ではこれらの試みが、スコットランドの重要な観光資源のひとつとなり、スコットランドのツーリズムに多大な貢献を果たすまでに成長している。 本稿では、2015年8 月に実施した実地調査にもとづき、スコットランドのウィスキー醸造所による顧客開拓・販売促進活動の現状を紹介し、ツーリズムと一体になったウィスキー業界およびウィスキー生産地の地域振興の成功要因の分析を試み、日本の酒蔵と農村景観を資源としたツーリズム展開に資することを目的としている。
本文を読む

http://repo.kyoto-wu.ac.jp/dspace/bitstream/11173/2290/1/0140_010_004.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報