Departmental Bulletin Paper 管理会計手法としての行政評価と職員の意識
Measuring Municipal Activities and Employees’ awareness

掛谷, 純子  ,  KAKEYA, Junko

018pp.39 - 56 , 2015-11-30 , 京都女子大学現代社会学部
ISSN:18842623
NCID:AA11529465
Description
地方自治体で行われている行政評価を管理会計手法と捉えた場合、その使い方によっては従業員の意識を低下させ、成果が出ない可能性がある。総務省の調査結果によれば、行政評価の課題として「職員の意識改革」を挙げている地方自治体も多く、行政評価の有効性を上げることについて、職員の意識が阻害要因となっている可能性もある。本稿においては、行政評価をSimonsの「診断的コントロールシステム」であると捉えているが、Simonsは、「診断的コントロールシステム」に関係する重要課題の一つとして「測定への抵抗」を挙げている。そこで、京都市の行政評価(とりわけ事務事業評価)を事例として、行政評価のしくみと職員の意識との関係を整理している。
I consider the measuring municipal activities as the way of managerial accounting in this paper. We may not achieve the purpose of managerial accounting depend on how we use it. For example, managerial accounting decreases employees' awareness. Many local governments think employees' awareness as the problem in the measuring municipal activities. If we increase employees' awareness, the measuring municipal activities can be succeed. I consider measuring municipal activities as "Diagnostic Control Systems" of Simons. Simons says that overcoming resistance to measurement, which is related to diagnostic control systems, is important". I classify the relation between the contents of measuring municipal activities of Kyoto city and employees' awareness.
Full-Text

http://repo.kyoto-wu.ac.jp/dspace/bitstream/11173/2288/1/0130_018_003.pdf

Number of accesses :  

Other information