紀要論文 ノルウェーの水産業とそれを支援する機関 -ノルウェー水産物審議会(NSC)及びノルウェー産業科学技術研究所(SINTEF)を中心に-

寺本,義也  ,  内田,亨

2pp.71 - 79 , 2016-04-01 , 新潟国際情報大学情報文化学部
ISSN:24238465
内容記述
本稿では、まず、水産大国であるノルウェー王国の経済と水産業を概観した。ノルウェー王国の水産業は、GDP 構成比0.8%、就業人口0.6%と少ないものの、輸出品としては、水産物が2 番目に来ている。次に、ノルウェーの水産業とそれを支援する機関がどのような役割を果たしているのか明らかにした。第一に、ノルウェー水産物審議会(NSC)の主な活動は、マーケティング、市場への情報提供、コミュニケーション、の3つである。そして、NSC は、ノルウェーにおける水産業のマネジメントとしてサステナビリティの3つの柱(社会、経済、環境)を打ち立てている。第二に、ノルウェー産業科学技術研究所(SINTEF)は、先端的R&D 支援を行う研究機関であり、水産業及び養殖業のマネジメント、沿岸域の管理、漁業と養殖管理について、それらの重要性を明らかにしている。また、技術革新と高品質の科学による「ノルウェーモデル」を掲げている。
本文を読む

http://lbir.nuis.ac.jp/infolib/user_contents/lbir/kiyo/kiyo_2016.01.09.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報