Departmental Bulletin Paper 赤外線式ソープディスペンサーの液垂れ低減に関する研究
A Study on the Dripping Reduction of Soap Dispenser by Infrared Sensor
セキガイセンシキ ソープディスペンサー ノ エキダレ テイゲン ニ カンスル ケンキュウ

上西園,武良  ,  相賀,成美

1pp.11 - 17 , 2015-04-01 , 新潟国際情報大学情報文化学部
ISSN:1343490X
NCID:AA11231962
Description
手をかざすだけで洗剤液が供給される手洗い用のソープディスペンサーが広く普及している。しかし、手を引いた直後に洗剤液の液垂れが起こる場合があり、洗面台を汚す要因となっている。本報ではこの問題を取り上げ、液垂れの要因究明と対策案の提案について述べる。被験者実験の結果、液垂れの要因としては、ソープディスペンサー内部の電気的・機械的な反応速度だけでなく、吐出終了後の洗剤液の落下時間が大きく関与していることが判明した。これらに基づき、具体的な改良案として、センサ設置位置の変更および吐出停止スイッチの追加を提案する。
Full-Text

http://lbir.nuis.ac.jp/infolib/user_contents/lbir/kiyo/kiyo_2015.01.04.pdf

Number of accesses :  

Other information