紀要論文 電話フォーカシングによる社交不安症の大学生との面接過程
Using the telephone focusing therapy to treat a client with social anxiety disorder

上淵, 真理江  ,  Marie, Uebuchi

内容記述
本論文では社交不安症を主訴とした共学の大学2年生の女性との砥話による面接過程を示す。それに基づいて、フォーカシング療法を用い、電話によるフォーカシングが可能であることを提案する。クライエントはいじめなど対人関係でつまずいていた。面接の前半ではソーシャルスキルトレーニング、認知療法など様々な心理療法を用いたが、クライエントはなめなかった。そこで「電話フォーカシング」(本論文では「電話フォーカシング」を「電話によるフォーカシング指向心理療法」と定義する)を導入し、電話フォーカシングにより徐々に対人関係が広がっていた。また人と接する恐怖を一人フォーカシングにより軽減することができた。そして自己受容、自信を徐々に持つようになった。この事例から、フォーカシングの利点と限界について考察を行った。利点として電話フォーカシングは侵入的でなく、また利便性があることが考えられる。また限界としては、音声のみに頼ることで表情などの手がかりが読み取れないことなどが挙げられた。最後に電話フォーカシングのエ夫について述べた。
"This article describes the treatment of a second-year female university student with social anxiety disorder, who had suffered negative human relationships such as bullying.The author first tried social-skills training and cognitive therapy, but the client could not adjust herself to these treatments. The author then tried ""telephone focusing,"" which is psychotherapy over the telephone. Subsequently, the client developed better relationships with other people. Further, after using self-focusing, the client's fear of contact with others lessened. and her self-receptivity and confidence increased. On the basis of this case. the paper describes the merits and demerits of telephone focusing. As merits, it is notintrusive, and has utility. As a demerit, the therapist cannot see the client's facial expressions. The paper finally describes some of the skills needed for successful telephone focusing.Key words: telephone focusing, telephone therapy, social anxiety disorder"
本文を読む

https://kyoritsu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3191&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報