紀要論文 現代の聖地巡礼・ツーリズムに至る近世の社寺参詣について
About the early modern era pilgrimage in modern times

渡邉, 秀司

41pp.30 - 36 , 2017-03-20 , 佛教大学社会学研究会
ISSN:03859592
NII書誌ID(NCID):AN00219617
内容記述
この小論では近世以降の旅と信仰について,旅という視点に立って「自主性」「ゲストとホスト」というような以前からの知見を提示した。旅は近世以前の苦しみを伴うものから,遊興的観光的要素の深いものに変化したが,それは近世以降の社会の安定によるものであった。さらに現代における観光の流れに至るものとして近世の旅は考えられる。このことから,現代社会における「アニメ聖地巡礼」のような現象も含めた,聖地巡礼に関わる現象について考察するための知見を整理する。
自主性
ゲストとホスト
聖地巡礼
本文を読む

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/BS/0041/BS00410L030.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報