紀要論文 小学生の規範意識といじめ経験からみた対人関係の社会学的考察 : 他者評価の影響と高まる孤立傾向
The Scoiological Study of the Interpersonal Relationship Judged from Schoolchild's Social Norm and Experience of Bullying : Influence of Other Evalution and Rising Isolation Directivity

作田, 誠一郎

65pp.1 - 16 , 2017-09-01 , 佛教大学社会学部
ISSN:09189424
NII書誌ID(NCID):AN10404127
内容記述
本稿は、規範意識といじめ経験を通じて小学生の対人関係および対人意識の特徴についてアンケート調査を用いて明らかにすることを目的としている。調査結果から対人関係の特徴としては、親しい人以外に対してあまり興味がなく孤立傾向も認められた。また実際の授業妨害等の違反の有無によって規範意識の違いをみたところ、友人関係に影響を受けていることが明らかになった。さらに友人や教師などの他者による評価がいじめ経験の影響や規範意識をみても重要な影響を与えていることが認められた。
規範意識
いじめ経験
小学生
他者評価
本文を読む

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/SO/0065/SO00650L001.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報