紀要論文 日台の社会構造,家族構造の変動とひとり親世帯の支援施策に関する比較研究

大友, 優子  ,  山西, 裕美  ,  大友, 康博

内容記述
東アジアでは経済のグローバル化の進展等に伴う社会構造,家族構造の変動がみられ,それに伴う子どもの貧困問題が顕在化している。子どもの貧困問題の要因の1つとして,社会経済的条件から低所得層が多い母子世帯の問題があげられる。本稿は,第一に,日本と台湾の社会構造,家族構造を比較した。その結果,日本は婚姻率,離婚率が台湾より低く,合計特殊出生率は高く維持されていた。一方,台湾は,婚姻率,離婚率が日本より高く,合計特殊出生率は低かった。これにより,日本は台湾よりも安定した家族構造であると考えられる。第二に,ひとり親世帯の支援施策の比較を行った。日本はひとり親(母子世帯)に限定した支援,当事者による支援,全国の自治体の画一的な支援が中心であるのに対し,台湾の場合は,家族構成にかかわらず低所得者への支援,当事者以外からの支援,自治体毎に地域実態等を反映した支援が中心であるという差異がみられた。
台湾
ひとり親世帯
社会構造
家族構造
支援施策
本文を読む

https://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/SH/0005/SH00050L239.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報