Departmental Bulletin Paper 隠謀学外伝 : (2)正常と病理をめぐって
A Side Story on“Plottology” (Part II) An Anecdote About Why the Normal and Pathology Matter to Health

村岡, 潔

14pp.123 - 132 , 2017-03-31 , 佛教大学福祉教育開発センター
ISSN:13496646
NCID:AA11988112
Description
本稿は、正常概念と病理概念の対比を、医療人類学の視点である《イルネス》と《ディジーズ》という観点から文化社会的に解剖(アナトミー)したものです。第I節では、最初に現代医療・近代医学の解題を行ない、次に、科学的医学正常と病理の決め方に観られる落とし穴について説明しました。ついで第II節では、《イルネス》と《ディジーズ》の二分法について紹介し、現代医療が科学的医学(生物医学)に基づくこと、並びに人類学的には《ディジーズ》の視点に立っていることを指摘しました。最終節では、人類学的に観れば、《イルネス》とは「苦」のことであり、医療者は、《イルネス》は《病者》の気のせいだとか、それは科学的ではないといった啓蒙主義的な態度に陥ることなく、《病者》の「苦」の語り narrative を十二分にくみ取る努力が要請されていることを述べました。
正常と病理《イルネス》と《ディジーズ》
語り
narrative

医療人類学
Full-Text

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/FC/0014/FC00140L123.pdf

Number of accesses :  

Other information