Departmental Bulletin Paper 軍用地料の「分収金制度」(10) : 北部4市町村と軍事基地 : 地域を分断する軍用地料
A research on the rent of the US military bases in Okinawa prefecture

瀧本, 佳史  ,  青木, 康容

64pp.93 - 116 , 2017-03-01 , 佛教大学社会学部
ISSN:09189424
NCID:AN10404127
Description
本稿は沖縄県北部の国頭郡に所在する米軍基地,キャンプ・ハンセンとキャンプ・シュワブ,興味深いことにこの2つの基地は半ば地元による誘致結果として生まれた稀有のケースであるが,その周辺市町村による用地提供の代償として受け取る「軍用地料」に関して論じるものである。それは地域を構成する旧字住民が入会山として日常生活において利用してきた土地でありながら,その地代としての軍用地料が市町村と各行政区との間でどのように配分されるのか,それは地域によってどのような違いがあるのか,などについて市町村が提供した資料等に基づいて明らかにし,結果としてその地代としての巨額の軍用地料が配分される地域とされない地域との間をいかに分断するものであるかについて論及する。それと共に同じように軍用地に土地を奪われた中部地区の市町村との根本的な相違にも言及する。(尚,本稿における多数の表は行文上重要なものであるが,編集者によって小さくされている。)
軍用地料
金武町
宜野座村
恩納村
辺野古
杣山
Full-Text

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/SO/0064/SO00640L093.pdf

Number of accesses :  

Other information