紀要論文 韓国のフードバンクシステム
Foodbank systems in South Korea

佐藤, 順子

13pp.65 - 78 , 2017-03-01 , 佛教大学社会福祉学部
ISSN:13493922
NII書誌ID(NCID):AA12013741
内容記述
本稿は,2016年9月に筆者らが行った韓国におけるフードバンクシステムの調査結果の概要を報告することを目的としている。韓国では1998年から2年間のフードバンクモデル事業実施期間を経て,フードバンクに関連する法整備がなされた。その結果,全国フードバンク寄付食品中央物流センター,市・郡レベルの広域フードバンク,区レベルで施設,団体などや最終受益者(利用者)に提供を行う基礎フードバンクが設置されるという仕組みが構築され,フードバンクは住民にとって身近な存在となった。調査はソウル特別市内の広域フードバンク,社会福祉協議会の運営する基礎フードバンクおよび民間法人が運営するフードバンクについて行った。本稿では,その中でも基礎フードバンクを取り上げてその多様な活動を紹介し,利用者の選定基準,基礎フードバンク/フードマーケットにおける社会福祉士の役割などを中心に報告を行う。
フードバンク
フードマーケット
社会福祉士
利用資格
国民基礎生活保障受給者
本文を読む

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/FO/0013/FO00130L065.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報