Departmental Bulletin Paper 虚妄分別という複合語に対する二つの解釈
Two Interpvetation of the Compound of Abhutaparikalpa

金, 俊佑

45pp.19 - 34 , 2017-03-01 , 佛教大学大学院
ISSN:18833985
NCID:AA12387923
Description
本稿では虚妄分別という複合語の構造を知り得る文献資料を紹介し、その資料の分析に基づいて、虚妄分別には二つの表現様式があるということと、その複合語の解釈においても二つの傾向があるということを述べる。まず、表現様式に関しては、MAVとMSAとにおいて虚妄分別はabhutaparikalpaとして表記されているが、その同じ意味の虚妄分別がVSにおいてはvitathavikalpaとして表記されている。次に、複合語の解釈に関しては、MAVでの虚妄分別が註釈書において格限定複合語として解釈されている反面、MSAとVSとでの虚妄分別は同格限定複合語として理解され註釈されている。このようなことから、虚妄分別という複合語には二つの表現様式と、二つの解釈傾向があるということが結論として導き出される。
虚妄分別
複合語
安慧
abhutaparikalpa
vitathavikalpa
Full-Text

https://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/DB/0045/DB00450L019.pdf

Number of accesses :  

Other information