紀要論文 高齢者の在宅介護のより良い体制に向けて
A study for better systems of home healthcare of the elderly

大坂, 歩

45pp.1 - 17 , 2017-03-01 , 佛教大学大学院
ISSN:18834019
NII書誌ID(NCID):AA12387934
内容記述
本研究では,高齢者の在宅介護をより充実させる為に,福祉制度による住宅改造制度・福祉用具に着目した。また,福祉用具としての介護ロボットについてとり上げた。介護を行なう為に,これまでの住宅をより住みやすく,介護しやすくされやすい住宅に改装していくことは,利用者のQOLを高めることに繋がり,福祉用具は障害を代替・補完することにより,介護生活を豊かにより便利にするものであると考える。また近年,実用的な介護ロボットが開発されてきており,これらのロボットを福祉用具として導入していくことで,介護ロボットが普及していくと推測する。一つの大きな希望の光をもたらすのが,最新のロボット工学に支えられた福祉介護ロボットというテクノロジーである。介護生活を豊かにより便利にすることは,介護者と患者の精神的なゆとりや安心感を生みだすことに繋がり,より充実した在宅介護生活を送ることが出来ると考える。
在宅介護
住宅改造
福祉用具
介護ロボット
本文を読む

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/DF/0045/DF00450L001.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報