紀要論文 呉氏蔵東魏武定元年翟門生石床について : 翟門生石床の孝子伝図
On Image of Accounts of Filial Offspring on Di Mensheng's stone bed, made year 543 Eastern Wei dynasty, collected by Mr. Wu

黒田, 彰

101pp.1 - 27 , 2017-03-01 , 佛教大学文学部
ISSN:09189416
NII書誌ID(NCID):AN10404998
内容記述
小稿は、近時見出だされた深セン、呉強華氏蔵の東魏武定元(五四三)年テキ門生石床囲屛の全図像を、呉氏の御好意により世界に先駆けて公開、報告し併せて、そこに描かれた孝子伝図三図四面(董黯図1、郭巨図2、董永図1)の内容を論じようとするものである。本石床は制作年時がはっきりしていることに加え、囲屛四枚の表裏全てに図像が描かれ、特に裏面の竹林七賢図は、北朝の竹林七賢図として内容の完備する、始めての遺品である点、世界的に価値が高い。また、墓主のテキ門生は、ソグド人と考えられ、鮮卑の北魏のみならず、ソグド人にまで孝文化の享受されていることは、異文化交流の中の中国文化のあり方を考える上で、種々の示唆に富む。本石床の紹介出来ることを、心から栄誉に思う。
翟門生(翟育)石床
孝子伝図
竹林七賢図
鬼神図
ソグド人
本文を読む

https://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/BO/0101/BO01010R001.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報