Departmental Bulletin Paper 「ストレスチェックリスト」による中学生のこころの揺れの実態把握とスクールカウンセラーによるその活用(5)
Monitoring of junior high school students instability of mind and using of school counselor based on psychological stress scale scores (5)

東山, 弘子  ,  近藤, 真人  ,  神明, 悠司  ,  中山, 英知  ,  佐藤, 耕  ,  長行司, 研太

16pp.149 - 159 , 2017-03-18 , 佛教大学教育学部学会
ISSN:13474782
NCID:AA11672731
Description
論文は、『「ストレスチェックリスト」による中学生のこころの揺れの実態把握とスクールカウンセラーによるその活用(1)〜(4)』に続き、不登校の心理的特徴を明らかにすること、教員へのコンサルテーションの活用事例を検討すること、の二点を目的とする。 不登校群と全被験者群の得点、分布図を比較検討した結果、不登校群は全被験者群と比べて≪Stress≫が高く、≪Well-being≫が低い傾向であった。このことから、不登校生の心理的特徴として、多くのストレスを抱えており、日々の生活に対して不満を持っているということができると考える。 また、教員へのコンサルテーションにおける活用を、実際の事例を通して検討した結果、①教員に対するコンサルテーションの質や教員の生徒理解を深めるアセスメントとして有効であること②SCと教員がBUKKの結果について検討し合うことによって不登校生の心理的理解を深めることができること③教員の不登校理解が深まったことによって、予防的見立てが育成されていくこと④学校内外の事件・事故等の緊急支援において、生徒の心理的状態の把握、および教員の的確な対応を支援することができること、以上4つのことが示唆された。
不登校
こころとからだの健康度
コンサルテーション
緊急支援
スクールカウンセリング
Full-Text

https://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/KK/0016/KK00160L149.pdf

Number of accesses :  

Other information