Departmental Bulletin Paper 生徒指導と教育行政施策を通じた児童生徒理解 : 京都府総合教育センターが実施する初任期育成研修「生徒指導」研修カリキュラムとそのねらい
Understanding of students through the student guidance and the measures of the educational administration: The curriculum for the beginning teachers development training of "Student guidance" operated by Kyoto Prefectural Education Center and its aim

古市, 文章

16pp.161 - 168 , 2017-03-18 , 佛教大学教育学部学会
ISSN:13474782
NCID:AA11672731
Description
生徒指導の研修をどのように進めるのかといった政策立案を考える場合、全国的な傾向と地域の現状を把握することは重要である。本論文では、生徒指導上の問題が全国的にどのように広がっているのか、それと比較して京都府の特徴はどのようになっているのか、京都府の生徒指導に関する研修制度はどのように計画立案されているのかを概観する。 一般的に「生徒指導」領域の研修は、経験知が実践に生かされるという考えが先行し、なかなか系統性を持たせることが困難な領域である。しかし、京都府総合教育センター(以下、センターと称す)の「生徒指導」講座は、京都府の生徒指導上の特性を踏まえた上で、基本事項を修得させることから、今日的な課題、京都府の教育行政施策とのリンク等を視野に入れている。結論として、今後の研修制度について、受講生が体系的に受講できるシステムの構築について提言する。
生徒指導
児童生徒理解
生徒指導の3機能
ユニバーサルデザイン授業
児童生徒の生き方
Full-Text

https://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/KK/0016/KK00160L161.pdf

Number of accesses :  

Other information