Departmental Bulletin Paper 宮澤賢治 「蠕虫舞手(アンネリダタンツェーリン)」と<ナチラナトラ>の意味 : 『春と修羅』刊行初期の生前批評に触れつつ

玉井, 晶章

23pp.262 - 275 , 2016-11-26 , 佛教大学国語国文学会
ISSN:13424254
NCID:AN10591104
Description
宮澤賢治が生前出版した詩集『春と修羅』(大正一三年四月)に所収された詩篇「蠕虫舞手」に「ナチラナトラ」という単語がある。この「ナチラナトラ」については、詩を解釈する上で重要な意味を持つにも関わらず、これまで具体的な検証が行われてこなかった。本稿では『春と修羅』刊行初期の生前批評に触れつつ、「ナチラナトラ」の意味を明らかにすることで「蠕虫舞手」に新しい解釈を加えたい。
Full-Text

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/KG/0023/KG00230R262.pdf

Number of accesses :  

Other information