紀要論文 成人の生涯学習を支援する大学通信教育 : 佛教大学通信教育課程の社会人学生調査をもとに

内山, 淳子

内容記述
本稿は,近年本学で増加傾向にある通信教育課程の社会人学生を対象としてヒアリング調査を行い,多様化する大学通信教育での学習支援を検討するものである。これまで大学通信教育はその柔軟な形態から,学業と就業の両立や遠隔地での学習等のニーズに応えて発展してきた。しかし近年の高等教育をとりまく状況は,(1)生涯学習の認識の広まりによる成人学習の高度化,(2)高齢人口の増大,(3)少子化による大学淘汰時代の到来,(4)ICT の普及よる高等教育のオープン化などを背景に変化し,通信教育課程においても多様な学習ニーズの把握と教育の質向上が求められている。入学動機・大学の選択・学習状況等に関するインタビューからは,通信社会人学生は明確な学習の動機をもち,自身の課題や教員への要望も具体的であり,履修の継続によって新たな学習意欲が見出されるという結果が得られた。
大学通信教育
生涯学習
成人教育
社会人学生
学習支援
本文を読む

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/SH/0002/SH00020L029.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報