紀要論文 「ユーモア的構造」に着目した文学教材分析の試み(2)
An Analysis of Literary Text as Teaching Materials focusing on “Humor Structure” (2)

青砥, 弘幸

27pp.1 - 14 , 2016-03-01 , 佛教大学教育学部
ISSN:09163875
NII書誌ID(NCID):AN10178571
内容記述
本研究では、まず「ユーモア」による「絶対的価値の相対化」のメカニズムについての再検討を行った。次に、その知見と小学校で実施した調査をもとに、教科書教材『あめ玉(光村図書5年)』における「絶対的価値の相対化」の具体について検討し、その指導における目標、方法についての提案を行った。本研究において試験した「絶対的価値の相対化」という観点に主眼を置いた教材分析の視点・方向性については、他の教材の分析への適用の可能性も感じさせるものであり大きな意味があると考える。また今後、「絶対的価値の相対化」という観点から、国語科としてより有意義・効果的な教材とは何かについて検討していくうえでも、その視点・方向性は意味があると考える。
ユーモア
笑い
国語科教育
文学教育
本文を読む

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/KO/0027/KO00270L001.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報