紀要論文 進学校出身の大学不本意入学者に関する研究 : 大学志望度と評定に着目して
Research about university involuntary attendance of a high school graduate oriental toward college-bound student : A case in which pay attention to the degree of university wish and evaluation.

竹内, 正興

44pp.19 - 33 , 2016-03-01 , 佛教大学大学院
ISSN:18833993
NII書誌ID(NCID):AA12387978
内容記述
本研究は、進学校出身者が非進学校出身者と比べ、大学不本意入学となるリスクが高いことを明らかにし、不本意入学者を出さないための習熟度別クラス編成のあり方を提案することを目的とする。先行研究からの考察、ならびにアンケート調査による検証を試みた結果、進学校出身者は非進学校出身者と比べ、第一志望で大学に入学する割合が低く第二志望以下での入学になると不本意入学となりやすいのに対し、非進学校出身者は第二志望以下でも大学入学への本意度が高いメンタリティを持っていることが示唆された。調査結果と考察より、本稿では、進学校出身者は非進学校出身者と比べた場合、自己選抜機能が働きにくいと考えられる点を踏まえ、進学校でのバンディング型の習熟度別クラスの導入による学業的能力における自己概念の修正機能の強化が、高校での自己の評定を前提とした納得度の高い志望校の選定を促進し、大学進学に際しての不本意感の抑制に寄与できる可能性を指摘した。
不本意入学
進学校出身
大学志望度
評定
本文を読む

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/DK/0044/DK00440L019.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報