紀要論文 マレーシアの就学前療育制度 : 作業療法士の視点から
Malaysia's Early Intervention System : From A Viewpoint Of Occupational Therapist

山田, 恭子

10pp.1 - 12 , 2016-03-01 , 佛教大学保健医療技術学部
ISSN:18813259
NII書誌ID(NCID):AA12202562
内容記述
東南アジアの優等生ともいわれるマレーシアの障害児に対する早期介入プログラムの実際を調査し,作業療法士の立場から日本の療育との比較検討を行うことを目的とする.現状を把握するためにペナン州を中心に35の施設,病院,プライベートクリニックを訪問し,そのうち4か所の早期介入プログラムを実施している施設を再度訪問,観察,責任者へのインタビューを行った.その結果,マレーシアでは理念としては障害児の発育を促すことを掲げているが,個別の認知課題の習得を主目的にした活動に多くの時間を割き,優先的活動と位置づけており,ADL習得には重きを置いていないことが明らかになった.
マレーシア
CBR
障害児
就学前療育
本文を読む

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/HO/0010/HO00100L001.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報