紀要論文 福祉教育開発センターシンポジウム「平和と福祉」事前学習会「戦後70年を駆け抜けたソーシャルワーカー」序文
Foreward ; The Social Worker who ran through Seventy years have passed since the end of the Second World War

泉, 洋一

13pp.1 - 6 , 2016-03-31 , 佛教大学福祉教育開発センター
ISSN:13496646
NII書誌ID(NCID):AA11988112
内容記述
本稿では、戦後70 年を迎えての福祉教育開発センターシンポジウムの企画意図とともに、テーマ「平和と福祉」への視点を深めるための事前学習会について概説している。また、福祉教育における「平和と福祉」への問題意識の形成が日本の福祉教育・専門職養成だけでなく、世界的なソーシャルワーク専門職養成の課題であることを提起した。 なお、事前学習会は、糸賀一雄らの発達保障論の源流を学ぶことで「平和と福祉」への視点や問題意識の形成を促し、療育活動の記録映画や経験豊かなソーシャルワーカー(福祉労働者)との対話を通じて、福祉思想の次世代への継承を試みた教育実践である。
平和と福祉
糸賀一雄
発達保障
ソーシャルワーク専門職のグローバル定義
本文を読む

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/FC/0013/FC00130L001.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報