Departmental Bulletin Paper 糸賀一雄らの福祉思想の今日的な実践とその意義について : 浮浪児・戦災孤児と児童虐待問題を考察して
Modern Practice and Importance of Welfare Thought of Kazuo Itoga et al : Study of Waifs, War Orphans and Child Abuse

山田, 宗寛

13pp.33 - 40 , 2016-03-31 , 佛教大学福祉教育開発センター
ISSN:13496646
NCID:AA11988112
Description
糸賀一雄と田村一二、池田太郎は、戦後間もない頃に戦災孤児や浮浪児たちを、福祉や教育によってその人格や発達を輝かせ、社会を築いていく主体となっていくことを願って近江学園を設立した。そこでは子どもや障害のある人の要求を出発点にした実践によって「この子らを世の光に」や発達保障など社会のあり方を提起し、施設や制度を立ち上げ、今日の福祉につながっている。 一方、戦後70 年となった現代にあっても、貧困や虐待、ひきこもりをはじめ福祉の課題は拡がっている。糸賀らは、福祉対象者への支援課題から、制度や施策を創造し、主体的に社会のあり方を提起した。今日の児童虐待と戦災孤児の問題を考究すると、糸賀らが見つめた社会と現代は、共通する人間の人格や発達の課題が見えてくる。 糸賀思想は、現代の社会においても、今日的に実践していくことが重要であり、すべての人がゆたかに生きる社会を実現していく社会指標といえる。
糸賀一雄
戦災孤児
近江学園
児童虐待
発達保障
Full-Text

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/FC/0013/FC00130L033.pdf

Number of accesses :  

Other information