Departmental Bulletin Paper ソーシャルワークと福祉臨床論の展開I
A Study on Social Work and Walfare Clinical Theory

岡村, 正幸

13pp.69 - 84 , 2016-03-31 , 佛教大学福祉教育開発センター
ISSN:13496646
NCID:AA11988112
Description
1970年代における急速なグローバル化と経済的危機の進展以後、財政的赤字を背景に「大きな政府」から「小さな政府」への移行が求められてきた。いわゆる後期近代における「福祉国家の近代化」にどう対応していくのか。社会福祉の社会的機能の見直しが求められている。ここでは2014年ソーシャルワークのグローバル定義の見直しの中、ヨーロッパを中心に語られるソーシャルワークの危機を手がかりに新しい多元的な福祉供給体の位置づけと、そのもとでの方法としてのソーシャルワークの機能と手続きについて検証をしてみたい。その際、福祉臨床という視点と立場をとることを通して「福祉臨床論」構築の足がかりとしたい。
福祉臨床論
福祉国家の近代化
多元的福祉国家
ソーシャルワーク
Full-Text

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/FC/0013/FC00130L069.pdf

Number of accesses :  

Other information