Departmental Bulletin Paper コミュニティワークにおける小地域福祉活動の展開プロセスの研究
A Study on Development Process of Local Community Welfare Activities in Community Work

金田, 喜弘

13pp.103 - 116 , 2016-03-31 , 佛教大学福祉教育開発センター
ISSN:13496646
NCID:AA11988112
Description
近年の地域福祉課題は、貧困問題や権利擁護、災害におけるソーシャルワークのあり方など、複雑性と多様性を併せ持っている。それらを解決するためには、これまでの領域の縦割りのみでは困難であり、横断的な協働実践を生み出す地域福祉の視点が求められている。地域福祉の推進機関である社会福祉協議会は、「協議体」、「運動体」、「事業体」の特性を持ち、総合的に実践を展開している。本稿では、コミュニティワーカーの実践事例をインタビュー調査し、その役割と機能の分析を行った。インタビュイーの発言から、コミュニティワーカーの機能について抽出を行い、216の項目が抽出され、24の概念、8つのサブカテゴリー、2つのカテゴリーに整理を行った。コミュニティワーカーは、様々なワーカーのスキルと、それを高めるための力だめをすることで、社協ワーカーとしてのスタンスが構築されることが明らかになった。また、小地域福祉活動の展開プロセスでは、地域支援の展開イメージを描きながら、地域組織化や様々な場づくりを行い、活動の実践と評価を行っていることが分かった。本研究は、実践事例から理論を普遍化する一手法であり、今後の地域福祉実践を分析する手がかりとなると考える。
小地域福祉活動
社会福祉協議会
コミュニティワーク
住民主体
Full-Text

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/FC/0013/FC00130L103.pdf

Number of accesses :  

Other information