紀要論文 明遍と蓮華谷聖の浄土教
The Pure Land Buddhist Thought of Myohen and Rengedani Saints

伊藤, 茂樹

100pp.51 - 70 , 2016-03-01 , 佛教大学仏教学部
ISSN:2185419X
NII書誌ID(NCID):AA12514496
内容記述
法然と同時代に生きた僧として明遍がいる。明遍は南都の学僧であったが、光明山寺また高野山に遁世し、やがて蓮華谷聖の祖とされる。法然と明遍は、散心問答という念仏法語があり、双方での交渉が確認される。しかし、『今物語』にみえる説話や、法語類を丹念にみていくと、法然系の浄土教と一致しない側面が多い。一方で重源との関係は、明遍が空阿弥陀仏という阿弥陀仏号をもつことからも、その関係は浅くない。高野聖や光明山寺系の聖の活動や思想的な側面は、祈祷念仏という要素は含みつつも、臨終に執着を起こさず正念にして来迎に預かるという平安浄土教。すなわち『往生要集』を規範とした価値観にあった。唱導、勧進で活躍する浄土聖の活動は『往生要集』を理想としたものである。本稿ではそのような聖の活動を分析しつつ、明遍と蓮華谷聖の活動を解明することに主眼をおいている。
明遍
浄土聖
『往生要集』
勧進
臨終行儀
本文を読む

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/BR/0100/BR01000R051.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報