Departmental Bulletin Paper 法然の選択本願念仏説の成立 : 法然の教えの精神
The Formation of Honen’s Theory of the Section of the Nembutsu in the Original Vow : The Essence of Honen’s Teachings

角野, 玄樹

100pp.71 - 91 , 2016-03-01 , 佛教大学仏教学部
ISSN:2185419X
NCID:AA12514496
Description
本稿の主題は、大きく二つある。一つは、法然の選択本願念仏説が、いかに成立したかの解明である。選択本願念仏説は、善導の専修念仏の立証のために成立したのであるが、その善導の専修念仏の意味を保存したたまま、立証するために、選択本願念仏説が要請されたと考える。主題のもう一つは、<法然の教えの精神>についての議論である。この議論では、『九条殿下の北政所へ進する御返事』を検討に加える。同消息は、『選択集』と異なる点が存するが、それは、前提・文脈の違いによるものであり、<法然の教えの精神>は同じくするものであることを明らかにする。
法然
選択本願念仏説
専修念仏
浄土宗
法然の教えの精神
Full-Text

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/BR/0100/BR01000R071.pdf

Number of accesses :  

Other information