Departmental Bulletin Paper 漢代の「史書」
Shi-shu 史書 in Han Dynasty

西川, 利文

6pp.27 - 42 , 2016-03-01 , 佛教大学歴史学部
ISSN:21854203
NCID:AA1251450X
Description
漢代の「史書」は、一般的には書体(隷書や大篆)を意味すると考えられているが、一方で「吏書」=官文書とする異説があった。張家山漢簡・史律の釈文が公表されると、そこに見られる「史書」をめぐって、文献史料とのかかわりで議論が活発化した。しかしそこでも書体説が大勢を占めているようであるが、私見では史律の「史書」は従来の見方ではとらえきれないものだと考える。この点については以前に指摘しており、本稿では文献史料に見える「史書」を再点検する。そこから、従来から見解が分かれるのは、文献史料の「史書」が時期によって、その意味する内容が異なることに一因があることを指摘し、新たな「史書」に対する観点を提示する。
漢代
史書
聡慧(聡恵)
小学
官文書
Full-Text

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/RO/0006/RO00060R027.pdf

Number of accesses :  

Other information