その他 社会政治史研究をめぐって
Concerning the social political history

藤田, 祐介  ,  飯田, 健介  ,  安, 裕太郎

44pp.181 - 192 , 2016-03-01 , 佛教大学大学院
ISSN:18833985
NII書誌ID(NCID):AA12387923
内容記述
日本近代政治史の研究について、方法論的議論が途絶えているという認識を、私たちは共有している。政治学界の「政局史的政治史」が横行する中で、かつては「構造的政治史」研究が唱えられたこともあった。一九九〇年代末、宮地正人氏が提唱した「社会的政治史」は、両者を止揚し、新たな方法論を提起したものだった。それを継承し、どのような方法論をつくり、新たな叙述を行っていくのかを考える研究会の発足と、第一回の研究会報告をまとめた。
社会的政治史
宮地正人
方法論
本文を読む

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/DB/0044/DB00440R181.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報