Departmental Bulletin Paper 声喩語「ガバリ」についての史的考察 : 「水枕ガバリと寒い海がある」とは何か
Historical Consideration about an Onomatopeia “Gabari” : on the case of a widely recognized Sanki Saito’s haiku poem ’mizu-makura gabari to samui umi ga aru’

北野, 元生

44pp.115 - 131 , 2016-03-01 , 佛教大学大学院
ISSN:18833985
NCID:AA12387923
Description
西東三鬼の有名な俳句に「水枕ガバリと寒い海がある」がある。「ガバリ」は声喩語である。従来より、この句における「ガバリ」は水枕や水音など水にかかわる修飾語であると説明されてきた。しかし、「ガバリ」をこのような説明だけに任せておいてよいものかどうか、疑問は残る。そこで、歴史的にガバリという声喩語がいつ頃、どのような状況を説明するために成立したのかを検討することとした。その結果、この語「ガバリ」は中世の戦記物語に起源を有する、本来は水とは関係のない修飾語としての声喩語「カハ」を語根として、それから派生して発生してきたことが分かった。この「カハ」は時代を下るにしたがって、意味の変動を伴ったりあるいは伴わずに、その形態をいろいろ変えてきたようである。現在においても、「ガバリ」という語には、水にかかわりない確かなニュアンスが残存していると考えられるのである。
ガバリ
声喩語
語根
カハ
歴史的変遷
Full-Text

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/DB/0044/DB00440R115.pdf

Number of accesses :  

Other information