紀要論文 二条院讃岐の実人生(六) : 後半生を中心に
The Real Life of Nijoin-Sanuki : The Latter Half of Life (6)

伊佐, 迪子

44pp.87 - 103 , 2016-03-01 , 佛教大学大学院
ISSN:18833985
NII書誌ID(NCID):AA12387923
内容記述
兼実家の姫君は入内し中宮へと上った。兼実家では中宮を支える為に、父親の兼実と母親役の讃岐が中宮御方へ常に候して扶持する。母儀は雑用や病気の世話などには携わらない。中宮の毎日は順調に推移する事である。中宮は里心を起しては大炊亭へ退居を望むので、その間は狭小では居住者側が身を竦めての毎日なのである。従って兼実家の様相は一変した。良經は後鳥羽天皇の文人上首に認められ、能保卿女を娶り、一条亭に居所を構え幸先のよい出立であった。兼実は所労に悩み、灸冶に頼り、内裏から助けを求め、讃岐に頼り切っている。
中宮
良經
文人
御不豫
法皇
本文を読む

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/DB/0044/DB00440R087.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報