Departmental Bulletin Paper 初期唯識文献と認識論・論理学におけるgrahya-grahaka-bhavaという語の意味の違いについて : アーラヤ識の二重にはたらく対象志向性との関係を中心として (藤本淨彦教授古稀記念号)
A Consideration of the Meaning of the Term grahya-grahaka-bhava

北野, 新太郎

20pp.39 - 66 , 2015-03-25 , 佛教大学仏教学会
ISSN:09195718
NCID:AN10408831
Full-Text

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/BK/0020/BK00200L039.pdf

Number of accesses :  

Other information