紀要論文 法然法語の出典 : 「つねに仰られける御詞」について
Textual Sources for Honen's Dharma Talks : 'The Words he Usually Used'

伊藤, 真宏

1pp.3 - 15 , 2015-03-25 , 佛教大学法然仏教学研究センター
ISSN:21888442
NII書誌ID(NCID):AA1271133X
内容記述
法然の法語について、その文献の学問的な信頼性を確保しなければ、内容や教義解釈に問題が生じる。その作業の一環として、今回は「つねに仰せられける御詞」を取り上げた。法然の代表的な和語の教説として有名な法語であり、その内容の信頼性を確認するために、出典を探る作業を行なった。その過程では、そもそも「つねに仰せられける御詞」はどの法語を指すのか、ということについて考察し、結果、現存の文献で、確実に参考としたであろう出典を指摘した。また、存在したことは確実だが未発見の資料によるであろう出典の存在も確認した。
法然
法語
法然上人行状絵図
和語燈録
本文を読む

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/HC/0001/HC00010R003.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報