紀要論文 <研究ノート>「地域協議会」に関する展開と課題

小平, 隆雄

内容記述
近年,地域において公私の福祉機関・団体等によって構成される協議会を設置し,個別的なケアにかかわる協議や連携と,地域課題の把握や対応を統合して行う実践が,法制度に規定される形で推進されている。そのような地域における福祉に関する協議会(本稿ではこれを「地域協議会」としている)は,コミュニティ・オーガニゼーションの理論を源泉としながら,様々な理論・政策の影響を受けながら発展していったものである。本稿では,その中核的な流れについて概説したうえで,地域協議会の現状を整理するとともに,その課題や今後の取り組みの方向性について提示する。
本文を読む

https://dcu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=587&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報