紀要論文 <研究ノート>次期学習指導要領におけるアクティブ・ラーニングのあり方に関する研究:言語活動の実態調査と分析を中心に

岩本, 親憲  ,  菅谷, 正美

内容記述
次期学習指導要領においては、小中高のどの学校種においてもアクティブ・ラーニングが必要とされる。それを見越して、現行の学習指導要領のキーポイントであった言語活動が小学校の各教科指導において実施されているのかの実態調査と分析をもとに、今後のアクティブ・ラーニングのあり方を探った。
本文を読む

https://dcu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=586&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報