紀要論文 <研究論文>障害のある子どもと保護者を支える早期療育:「障害児通所受給者証」に対する反応への認識に着目して

一瀬, 早百合

内容記述
2012 年の児童福祉法改正による主な変更点は、児童発達支援事業への民間事業者の参入および療育サービスの利用に「障害児通所受給者証」の取得が必要となったことである。「障害児通所受給者証」に対する保護者の反応への支援者の捉え方とそれに対する方略を,A市の地域療育センターと児童発達支援事業所への質問紙調査という方法で明らかにした。地域療育センターでは保護者の障害認識や障害受容に着目した支援がなされていたが,児童発達支援事業所では手続き上の事務的な説明が中心であり,保護者の葛藤に対する配慮がより少ない傾向であった。両者の機能の違いがあるものの,41 %の保護者がインターネットや親同士の口コミで児童発達支援事業所に直接相談するという結果から,どの機関においても保護者の「気づきの支援」に配慮した相談支援が可能となる早期療育システムが必要である。
本文を読む

https://dcu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=580&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報